文芸部
伊藤 大(いとう まさる)   
入団年月 1987.4
出身地 東京都
経歴 東京大学仏文科卒
生年月日 1962年 

東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。1987年4月劇団青年座入団

1991年 青年座スタジオ公演「夏の日と、星の光と」の作・演出によりデビュー
1995年 11月より1996年11月まで文化庁在外派遣研修員としてフランスにて研修
1997年 青年座スタジオ公演「ジャンナ」(A・ガーリン作)で一躍注目を集める。
2001年 から2011年までフィリップ・ゴーリエ演劇ワークショップ(日本劇団協議会主催)の
     アシスタントを全期間務めた。
2013年 2012年に上演した『THAT FACE 〜その顔』の演出に対して、
     第54回毎日芸術賞・千田是也賞を受賞。

主な演出・翻訳作品

2016年 『朝食まで居たら?』(ジーン・ストーン&レイ・クーニー=作)
2015年 『からゆきさん』(宮本研=作)
2015年 『山猫からの手紙』(別役実=作)
2014年 『世界へ』(ジョエル・ポムラ=作)
2013年 『LOVE,LOVE,LOVE』(マイク・バートレット=作)
2012年 『THAT FACE 〜その顔』(ポリー・ステナム=作)
2010年 『黄昏』(アーネスト・トンプソン=作)
2004年 『諸国を遍歴する二人の騎士の物語』(別役実 作)
2002年 『ハロルドとモード』(コリン・ヒギンズ=作)《翻訳・演出》
2001年 『君はこの国を好きか』(鷺沢萌原=作/藤井清美=脚本)
1999年 『ジャンナ』(アレクサンドル・ガーリン=作)[1997年青年座スタジオ公演]
1998年 『ムーランルージュ』(斎藤憐=作)
1994年 『オルメドの騎士』(ロペ・デ・ベガ=作)
[以上、青年座本公演]

2011年 『クラウド9』(キャリル・チャーチル=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2009年 『少年山荘』(尾崎太郎=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2008年 『お気に召すまま』(シェイクスピア=作)《翻訳・演出》[文化庁新進芸術家公演]
2008年 『ジョバンニの父への旅』(別役実=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2006年〜『父と暮らせば』(井上ひさし=作)[青年座スタジオ公演]
2005年 『痕』(今井一隆=作)[文化庁芸術団体人材育成支援事業]
2005年 『眠れる森の美女』(別役実=作)[一跡二跳制作]
2004年 『罠』(ロベール・トマ=作)《翻訳・演出》[文化庁新進芸術家公演事業]
1993年 『遠い戦争』《作・演出》[青年座スタジオ公演]
1991年 『夏の日と、星の光と』《作・演出》[青年座スタジオ公演]

2013年 『みちのく白鳥伝説』[西崎緑野外舞踏公演]
2008年 全国高校総合体育大会「彩夏到来08埼玉総体」の開会式総合演出

青年座ホームページへ