上演にあたって /  スタッフ・キャスト /  公演日程・チケット /  沖縄公演
 
スタジオ公演 No.106
 津嘉山正種ひとり語り
 人類館(朗読劇)

 作=知念正真
 演出=菊地一浩
 
 沖縄公演
 上演日程:7月24日(木)・25日(金)
 沖縄市民小劇場あしびなー

 東京公演
 上演日程:7月31日(木)〜8月3日(日)
 青年座劇場
 ※チラシにマウスを当てると裏面を表示します。
 

上演にあたって

 「皆さん今晩は。本日は我が「人類館」へようこそおいでくださいました。史上初の、そして空前の規模で開かれます我が「人類館」は、世界中のいたる所で差別に遭い、抑圧に苦しみ、迫害に泣く人種、民族を、色とりどりに取り揃えてございます…」(戯曲『人類館』より)

知念正真作『人類館』は、1903年に大阪天王寺で開かれた内国勧業博覧会会場前に建てられた「学術人類館」において、琉球、朝鮮、アイヌ、台湾高砂族、インド、マレー、ジャワ、アフリカなどの人々を、民族衣装姿でそれぞれの住居に住まわせ、見世物として観覧させた事件、俗に言う「人類館事件」を題材に書かれたものです。この学術人類館を舞台に近現代の沖縄の歴史と文化、とくに戦中・戦後の沖縄の姿を赤裸々に再現しています。津嘉山は、ウチナーグチ(沖縄語)を駆使し、「陳列された男」「陳列された女」「調教師風な男」の三役を自由闊達に演じきります。

津嘉山正種が万感の思いを込めて語る 
沖縄の現実 歴史の事実 人間の真実

スタッフ・キャスト

スタッフ

=知念正真

演出

=菊地一浩 

企画・演出協力

=津嘉山正種

照明

=広瀬由幸

舞台監督

=安藤太一

制作

=紫雲幸一

キャスト

出演

=津嘉山正種

公演日程

青年座劇場
  7/31 8/1 8/2 8/3
 
14:00    
19:00    
 
★ 前売り 6月17日(火)
入場料(税込) 全席指定 販売窓口
前売り 3,500円 all青年座
当日 4,000円  
学生 2,500円  
 
★ チケット前売所
取扱先 電話番号 取扱時間
劇団青年座 0120-291-481 11:00 〜 18:00
土日祝除く